プジョー

ヨーロッパのコンパクトカーメーカーとして、そして本国においても一般市民に深く愛され浸透しているクルマのメーカーが「プジョー」です。世界でもっとも古いクルマの量産メーカーとして知られており、日本でもタクシーのカーアクション映画としてこのプジョーのセダンが有名になりました。


実際の話、そうしたセダンで実際にツーリングカーレースに出ていたこともありますし、コンパクトのプジョーでラリーに参加していたこともあります。そんなモータースポーツへの参加経験も豊富なプジョーでは、日本でもコンパクトカーとしてのジャンルにおいての販売で人気があります。日本の道路事情ではコンパクトカーが人気を博しているクルマのジャンルになりますが、日本に輸入されているプジョーシリーズの中でもコンパクトハッチバックモデルの「206」や「306」、それから今では「308」などが日本で販売されています。


とくに206においては165万円からと言う安価な価格設定、それにおしゃれなイメージのデザインで日本でも大ヒット車種になり、前述のラリーで活躍していたコンパクトのプジョーのひとつがこの206で、3年間連続で優勝を飾ると言う快挙を成し遂げました。