ベンツ

輸入車と言う言葉を聞いて、いちばん日本人に馴染みが深い輸入車と言えばこの「ベンツ」がそうでは無いでしょうか。高級車メーカーのリーダー的存在として知られており、映画では極道の幹部が乗っているようなクルマというイメージも強いのがまた特徴とされているのもベンツです。


しかしながらそうしたベンツはたいていセダンであり、日本においてはオープンカーのベンツもありますしコンパクトなハッチバックのベンツも販売されています。それからモータースポーツへの参戦も積極的におこなっているほか、トラックのベンツを日本で見かけることもあります。そう言う商用車メーカーとしてもドイツでは有名で、ほかにもバスの製造や競馬場などのダートの整備をしている「ウニモグ」もベンツのクルマです。


そう言った面で日本に輸入車として入ってきていますし、日本の高級車に対抗しているメーカーのひとつとしても知られています。技術的にも世界初のガソリンを直噴するシステムのエンジンを積んだ「300SL」を開発した実績があれば、スーパーカーの「SLRマクラーレン」も日本では有名で、「高級車」や「外車」と聞いて日本人がイメージする、輸入車のリーダー的存在であります。