エアバックについて



韓国車にもエアバックがあります。しかし、そのエアバアックの中には命を護るためのエアバックなのに、逆に凶器になっている物が存在しているでしょう。

基本的にエアバックは、車に衝撃が在ると発動し、クッションとして搭乗者の命を守るものですね。しかし、韓国の車に付いている物はもはや別物でしょう。まず、衝撃に対してエアバックが発動しません。かなりの衝撃が在ったにも関わらずエアバックが出て来ないですね。そして、万が一エアバックが出てきたとしても、かなりの衝撃でエアバックが飛び出てきて搭乗者を吹っ飛ばすことになります。

また、かなり恐ろしいものでは耳を切断されたと言うケースがあり、かなり危険なエアバックになっているでしょう。もちろん、韓国側もそのように設計しているわけではありませんので、全部が全部そのような状態になっているわけではありません。しかし、かなり危険なエアバックが多く存在しているのが現在でしょう。

このように韓国車のエアバックは、かなり危険な物が多いです。現在もそこまで改善されていないようで、エアバックの意味を無くしているでしょう。故に、韓国車を乗る場合は、必ず事故を起こさないようにする必要がありますね。