制御不能になり暴走?

2012年に多く発生した韓国車が制御不能になり暴走する事件がありました。かなり危険な状態で在ることは確かですね。

2012年に突然起こった事件があります。それがヒュンダイ車暴走です。停車していた車や発進しようとした車が突然アクセル全開になりブレーキが効かなくなると言うことが起きました。約15秒で約130q/hの加速をして事故を起こしたのです。この状態になると何かに衝突してでないと停止することが出来ないらしく、かなり大変なことになるでしょう。いきなり発進するため、運転手も何が起きたのかわからない状態でブレーキも出来ない状態で衝突を待つしか無い状態になってしまうらしいですね。

このヒュンダイは、実際の所車の不具合か運転手の操作ミスか検討中とされていますが、明らかに事故率が多いため車の不具合が高いですね。ちなみに、衝突する時に何台の車のエアバックが出ていないこともありました。実に危険な車でしょう。

このように韓国車が制御不能になり暴走した事件がありました。上記でも言いましたが、かなり件数が問題を起こしているので、安全性が疑われるでしょう。ちなみに、前進での暴走以外にも、バックでの暴走も在るらしくかなり危険ですね。