フェラーリのイメージカラー



フェラーリといえば赤い車というイメージが強い方は非常に多いかと思います。確かにインターネットでフェラーリで検索して出てくる画像のほとんどは赤い車ですし、公式サイトに掲載されている車の写真も赤が半分以上を占めています。

ところがフェラーリが定めているコーポレートカラー(企業や団体を象徴する色)は赤ではなく黄色なのだそうです。公式サイトでさえも赤い車の写真を使ってることが多いのにこれは一体どういうことなのでしょうか。

実はフェラーリの色に赤が多く用いられているのはフェラーリがイタリアの自動車メーカーということに関係があります。昔はF1など世界的なカーレースに出場する車はその国のイメージカラーで出場することになっていました。イタリアのイメージカラーは赤なので、世界的な大会に出ることが多かったフェラーリは必然的に赤い塗装を施されることになり、赤の車が世界的に注目される機会が多かったため今ではすっかり赤がイメージカラーとして定着してしまったのではないかといわれています。

そんな経緯があって今は暗黙の了解的に赤もイメージカラーとして使われるようになっています。ちなみに黄色も蔑ろにされているわけではなく、今まで販売されてきたフェラーリのカラーリングは必ず赤と黄色が選べるように配慮されているそうです。