クライスラー

フォード、それからゼネラルモータースとともにアメリカの自動車メーカーの「ビッグスリー」のひとつとして数えられるほどの規模をほこっているメーカーが「クライスラー」です。クライスラーの名前はフォードやゼネラルモータース同様に日本でも広く知れわたっているアメリカのクルマのメーカーとして知られており、世界初のミニバンとなる「ボイジャー」を開発したことでも有名です。


それから高級車を生産しているメーカーのイメージも強いものがあり、黒塗りの高級車と言えばこのクライスラーのクルマをイメージする人も居ます。日本国内では「ダッジ」と言うクライスラーの子会社も有名で、トラック並みの排気量のエンジンを積んだスポーツカーの「バイパー」や、「日本車キラー」と呼ばれたコンパクトカーの「ネオン」が有名でした。今では日本国内で見かける輸入車のクライスラーとしては大型セダンの「300C」、ハッチバックの「PTクルーザー」などが輸入されています。


しかし、経営破たんをしたりイタリアのフィアットの傘下に入ったりと、なにかとそうした経営の面においても話題の尽きないメーカーとしても有名であり、昔は戦車などの軍用車を製造していたこともあるのです。